いちょう

このところいちょうを見上げている。

  空に近い枝の方から色づいて鴨脚樹は冬に傾ける耳   魚村晋太郎
   *ルビ(旧かな) 鴨脚樹=いちやう     『花柄』(砂子屋書房)所収

10月にはわからなかったのだが、11月に入って黄色になってきた。空に近いところから。
「ああ、歌の通りだなぁ」と上ばかり見て歩いていると、危ない。ぶつかったり、こけたり、ぎんなんを踏み潰してしまったり(くさい!最悪!)する。
[PR]

by mizuki_nim | 2008-11-09 23:05 | 徒然につづる