窓の空

 「窓の空」

「また明日」放射線科に行く父が通用口まで見送りくれぬ

次の手のあらざることを医師は告げ寝ぐせ頭を少し下げたり

   病室は八階。緩和ケア病棟は平屋建て 
筑波嶺も富士も見えざる病室には行かぬと窓の空を見し父

父の食む一口のためタッパーに梨をぎっちり母は詰めたり

左手の小指から死はひろがれり紫色のこゆびさすりつ

家族だけ病室に取り残されし数分間が『TIME TO SAY GOOD‐BYE』

すべて『竹』と契約したり葬儀にも『松竹梅』のあること知りて

捺印をし終えて思い出したるは父と話しし鳥葬のこと

タクシーの運転手さんが凝視せりゼブラ・ゾーンの喪服のわれを

ぬばたまの黒衣の族集い来て代わる代わるに父の顔見き
*ルビ 族=うから

ワイシャツのピンクをほめてくれしとう元部下の名が名帳にあり

手際よく粒子の父を真ん中に集むる刷毛の動き見つめつ

砕かずとも壷に入りてしまいしを言うとき母はリピートモード

百貨店、仏具屋、石屋 父の死はビジネスチャンスのひとつにすぎず

ダンボールに父の私物を入れし音やけに大きく課内に響きぬ

(天国に)単身赴任中なりとセールス電話に母は言いけり

父の背がラッシュに紛る地下鉄のどこかに黄泉平坂があり




(『塔』2009年2月号特別作品欄掲載 小林幸子氏選)
[PR]

by mizuki_nim | 2009-02-16 21:42 |