3月7日のお歌

003:つぼみ 咲かぬまま落ちたつぼみの中心で花粉がそっと輪廻をはずれる(阿部定一郎)
    落ちてしまったつぼみは輪から外れてしまう。それをこんなに美しく詠むなんて。

007:発見 ほんとうは誰も愛してないんだと雑踏の中に発見する春(華音)
    ガツン!やられました。わたしのことです。

009:眠 百年も眠り続けてゐるやうな店主 黒猫 棚の『明暗』(前野真左子)
    古本屋さんですね。居眠りする店主(おじいちゃんがいいな)に猫。いいです。
    棚にあるのが『明暗』というのもいい。


097:静 コルボ振る慈愛静けさ鎮魂のフォーレを聴きて心満ちたる(謎野髭男)
    フォーレの「レクイエム」が聞こえてきました。恥ずかしながら「コルボ」がわからなく
    て、調べましたら、指揮者でした。コルボのフォーレ、聴いてみたいです。


連作でお楽しみ下さい。
058:剣 手裏剣を構えてピタリ石と化し敵の出方を窺う忍者(田貫 砧)
059:十字 石に化け敵を窺う058の忍者の尻に十字手裏剣(田貫 砧)
     もうPCの前で声を出して笑ってしまいましたよ。無条件に好きです。
     そういえばこんなCMあったような・・・。

[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-22 21:01 | 題詠マラソン気になる短歌