枡野浩一かんたん短歌blogについて思うことと要望

 枡野浩一かんたん短歌blogの3月22日の更新で枡野氏宛てのメールが紹介されていました。投稿(トラックバック)の「お約束」を引用して「あんた、何様?」という内容のものです(これに対して枡野氏は「カリスマ歌人様」ですからと皮肉っておられますが)。
 わたしは3月から投稿を始めた新参者ですが、このルールを見てもそんなこと思いもしませんでしたよ。ましてや枡野氏を「何様」呼ばわりするなんて。それに、いいじゃないですか。このお約束に沿って投稿する限りはカリスマ歌人様に拙作を読んでいただけるんです。出来がよければコメントまで付けていただけるんです。そしてさらに運がよければ、直接コメントを書き込んでいただけるんですよ。こんなサービスがよくって何が不満なんでしょう。
 ・・・冗談(ともつかぬ本気?)はさておき、自分のブログで管理者が読みやすいようにルールを決めるのは当然のことではないでしょうか。一つの記事に200ものトラックバックがあって、それを読むだけでも大変なのは簡単に想像できます。またそこから歌をピックアップしてコメントを書く、ということがとても労力の要ることだということも。おそらくかなり負担になった時(現在も?)もあるに違いないと思います。投稿したものを適当に読み流されたり、明日にでも「疲れたからもうやーめた」と言われたっておかしくないのです。それをしないのは、枡野氏が投稿者(短歌)に愛を持っているからだとわたしは勝手に思っているのですが。
 まぁ、この「お約束」にビビって投稿できない(投稿する気が失せた)人もいるかもしれないけれど、それはそれで仕方ないのではと思います。別に来る者を拒んでいるわけでもないですし。世の中どこに行ってもどんなところでもルールってのはあるわけですから。
 ブログランキングのカテゴリーは「?」と思うことがしばしばですが、枡野氏のお遊びじゃないかと思っていて気にしていませんでした。

 要望は一つだけ。続けてください。それだけです。「今週は疲れたからお休み。投稿もお休み」ということもあってもいいと思います(あ、あと時々おねえ言葉で書いてくださると嬉しかったりして)。

 最後に「あいつはプロだからどんなことでも言っていいだろう」と言うのは人として間違っているとわたしは思います。
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-23 22:30 | 徒然につづる