『塔』10月号掲載歌

地下鉄の座席であれは梔子の匂いだったと思い出しおり

分け合うからおいしいのかもしれないねガラスの皿にさくらんぼ盛る

麻がらのはみ出す袋さげてゆく人多くなり盂蘭盆近し

窓枠のなかをななめに突っ切って千鳥模様のように飛ぶとり

迷惑をかけぬ死に方考えて日照雨の中を駅まで歩く

われのあとを河童がついてきたようだぺたぺたという足音聞こゆ

強風が窓に吹きつく狂言の世界で犬はびょうびょうと鳴く


(小林幸子氏選)
[PR]

by mizuki_nim | 2009-11-03 18:57 |