3月17日のお歌

017:陸 陸橋に吸はるる雨や、春の雨 しづかに我も消えてゆきたし(伊波虎英)
      この雨は春の雨でなくては。静かに煙るような雨は消えてゆきたいと思わせるの
      です。


009:眠 まっさらなシーツ包まり眠っても腹の黒さの滲まぬ不思議(黒月秋哉)
      言われてみればそうだなぁと思います。でも眠るたびに黒くなってしまったら、漂
      白が大変そう。


043:馬 金の川(シラムリン)の水面に馬脚をひびかせたぼくだったかもしれない賊は(鈴木貴彰)
      モンゴルの草原(?)を流れる川でしょうか。その川沿いを飛沫を上げて走っていく
      馬賊が見えるようです。


083:キャベツ 父と母がキャベツ畑で逢ってから一万回目の夕焼け(母談)(岩井聡)
       (母談)というのが好きです。お母様が夕焼けを見ながらふっと言ったのでしょ
      う。一万回、単純に365日で割ると27.39…。夕焼けのない日もあるから、約30年
      ですね、出逢ってから。そういうの、なんだかいいですねぇ。


082:罠 青空は巨大な罠かなにげなく空を見ていただけだったのに(舟橋剛二)
      青空は異次元につながっていて、なおかつ巨大な罠とおっしゃる。わたしは空を見
      上げて歩いてよくコケます。きっと青空の罠にかかっていたんですね。あれ、違う?

[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-29 22:30 | 題詠マラソン気になる短歌