『塔』12月号掲載歌

それぞれのタイムリミット来てひとり去りまたひとり去り西日のまぶし

一発の花火があがり消えゆくを新幹線の車窓から見る

おみやげ、と貰いしすだち食卓に飾りてしばし色をたのしむ


(黒住嘉輝氏選)
[PR]

by mizuki_nim | 2009-12-16 19:33 |