3月25日のお歌

013:焦 (君だけに焦点合わす)瞳孔の引き絞られる音がきこえた。(黒月秋哉)
      写真を撮る方でしょうか。自分の目をカメラとして捉えているのですね。
      音が聞こえてきそうです。


027:液体 呆然と点滴台の液体の減りゆく様を見守る深夜(落合朱美)
      おそらく病人に付き添っている人が見ているのでしょう。「呆然」に疲労感が見えま
      す。疲れているのに眠れない。否、眠ってはいけない状況なのかもしれません。


029:ならずもの 風吹いておおかみのまゆげはりつく ならずものたち慈愛のおもて(唐津いづみ)
       『おおかみのまゆげ』というお話があったのですがそれがモチーフでしょうか。
       あのお話好きでした。


041:迷 もう別に夢はいらない迷いなく空よりあおき紫陽花を切る(丹羽まゆみ)
      凛とした決意が伝わってきます。ふわふわした夢はいらないとぱちんと断ち切る
      音が紫陽花を切る音と重なります。


077:櫛 櫛で梳くおまえの髪から昨晩のぼくの煙草の香が落ちてくる(黒田康之)
      KOされました。素敵すぎます。      
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-05 22:08 | 題詠マラソン気になる短歌