桜花

c0053571_22562952.jpg



家々に釘の芽しずみ神御衣(かむみそ)のごとくひろがる桜花かな     大滝和子

『短歌パラダイス』小林恭二著岩波書店(岩波新書498)1997.4p.202-209.より

「芽」というお題でつくられた歌だが、桜の印象が強い。
3月に読んだばかりということもあるが、桜を見るたびにこの歌を思い出した。
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-12 23:03 | 徒然につづる