塔5月号掲載歌

冬の陽をひかる産毛にかえながら辛夷が春を告げる準備す

鍼灸師が左の膝に手を当てて「ここだここだ」と二度つぶやきぬ

とりあえず温かいもの食べておけ冬に気分が沈んだのなら

温きものおさめむとして学食に餡かけうどんの食券を買う

甘きものはこころ温むるものなりて黒ごまプリンの食券も買う

『病院のかかり方』とう案内が箸や醤油と並び立ちおり

とけのこる半透明の雪の上をお守り揺らし子が走りゆく


(山下洋氏選)



人によって違うようなのですが、
私の場合、
左膝のツボを温めるようにすると
お腹の調子が良くなる(腸がよく動くようになる)そうです。
人体の不可思議。
[PR]

by mizuki_nim | 2011-07-03 13:18 |