4月25日のお歌

013:焦 燃えているやうな椿の花弁落ち少し焦げたり雪のひと道(宮沢 耳)

020:楽 こんな夜は記憶の中を探し出し解凍しよう楽しい私(椎名時慈)

038:横浜 いつだって夜景で光る横浜の海にだったら沈んでもいい(丸井真希)

050:変 今ごろは実のひとつくらい成してるか私の愛した唐変木は(飛永京)

061:じゃがいも 年上の女友達が云ひました じゃがいものやうな男になさい(落合朱美)
[PR]

by mizuki_nim | 2005-05-11 21:44 | 題詠マラソン気になる短歌