4月27日のお歌

015:友 夜半の月雲間よりまた出たれば友もふたたびめぐり逢ふべし(宮沢 耳)

035:禁 何度目の失恋だろう麗しき禁止エリアが日々増えてゆく(新藤伊織)

037:汗 手のひらの冷たい汗を感じつつ申し開きの下書きをする(武山千鶴)

052:螺旋 運命(さだめ)、また血のせいにする逃げてゐる二重螺旋を胸にかこつて(青野ことり)

058:剣 かへす剣もてみづからを刺すものか酷き言葉の応酬の果て(橘 みちよ)
[PR]

by mizuki_nim | 2005-05-12 20:18 | 題詠マラソン気になる短歌