5月9日のお歌

025:泳 飛び込んだあなたの海に立っている「遊泳禁止」の札引っこ抜く(椎名時慈)

040:おとうと 菜の花や月は静かにおとうとの選ばなかった道をてらして(上澄眠)

041:迷 迷子ではない顔をして何回も「ひとりで生きる」と呟いてみる(武山千鶴)

063:鬼 指のないお地蔵さんに仏手柑(ぶっしゅかん)ひとつ供えて鬼っ子は去り(飛永京)

068:四 将来は単三電池四本でサラリーマンは動くんだろう(ピッピ)
[PR]

by mizuki_nim | 2005-05-25 21:01 | 題詠マラソン気になる短歌