五十七歳

キャスターの「五十七歳でした」と言ふ声流るるに画面見にゆく

ああと声が出でてしまへり死に向かふ速さを誰も知らずに生きて

享年が父と同じであることを母はテレビに向かひ言ふらむ

立ち止まるひまなき朝にあの居間の色の褪せたる遺影をおもふ

二十代のわれには遠き五十七歳(ごじゅうなな)いまなら少しわかる はやいな

マンホールの蓋を押し上げくるやうなおもひにわれはいつも驚く


(『塔』三月号  黒住嘉輝氏選)
[PR]

by mizuki_nim | 2013-04-09 21:55 |