5月29日のお歌

004:淡 春風にみだれて淡き花びらは魚群のごとく泳ぎやまずも(常盤義昌)

033:魚 銀(しろがね)にひかる魚の群れ あれは沈没船を逃げたカトラリ(黒月秋哉)

084:林 林道を抜けて五月の薫風とはねる光に弄ばれる(青野ことり)

091:暖 あをあらし頭上を過ぐれば夏のこゑ聞こへて麻の暖簾を吊るす( 落合朱美)
[PR]

by mizuki_nim | 2005-06-06 22:09 | 題詠マラソン気になる短歌