字母を並べむ

三月のその日大きく揺れたるに活字棚より字のなだれけり
印刷機はいくたび波に濡れにけむ活字はみづに漬からざりしが
廃業ののち三階の字はすべて産業廃棄物となりけり
とりあへず持つて帰れるだけの字を土嚢袋に詰めたると聞く
ながらへたる活字がつづる詩を読みぬ「足りない活字のためのことば」を
地下鉄に運ばるるわがうちがはに字母並べむとするわれのをり
抽斗を探れば出でぬ「白」「石」といふぎんいろの金属活字

(塔1月号 花山多佳子氏選)

[PR]

by mizuki_nim | 2014-04-13 21:32 |