夏休み その二

夏休み第二弾は、22日~24日でした。この土日は毎年恒例の塔の全国大会でございます。
今年は60周年記念大会、京都です。
わたしは友人のAちゃんと前泊です。彼女とは誕生日が同じなので、全国大会の時に
真夏のお誕生会と称してケーキを食べるのが慣わし(?)です。
(わたしたちの誕生日は12月ですけどね)
今年は、ケーキ&ディナーの贅沢コースです♪
おかげさまで、Aちゃんとたっぷり話しができました。
(しかし、話しても話しても話がつきないわ)

ケーキは伊勢丹の地下で買いまして、ホテルでいただきました。
ディナーは京都五条のちいさなビストロ アスペルジュブランシュで。
めっちゃおいしかったです。
(二人してデザートの桃の丸ごとコンポートの種までしゃぶりつくしました)
ここには、また行きます。(と心に決めているAちゃんとわたし)

23日は全国大会1日目。髙野公彦さんの講演と鷲田清一さん、内田樹さん、永田和宏さんの鼎談。
面白かった~。
鷲田さんと内田さんの話、もっともっと聞きたかったです。
話の中で、内田さんが「わたしはオノマトペを使わないんです!」とおっしゃったのですが、
その後の発言で「ぐわーっと」など連発され、そのたびに隣のAちゃんが「オノマトペ、使った!」と
突っ込みを入れていて可笑しかったです。
夜は懇親会。
ここで、重大発表が。
来年から主宰が永田和宏さんから吉川宏志さんになります。

24日は全国大会2日目。選者が会員の歌を講評します。その数300首以上。
話す方も聞く方もなかなか大変。(でも勉強になります)

楽しい時間はあっという間に過ぎちゃうのね。
全国大会が終わると夏が終わりって感じです。

この日までに読んだ本

『京都の平熱』 鷲田清一著鈴木理策写真 講談社学術文庫


[PR]

by mizuki_nim | 2014-08-28 21:31 | 徒然につづる