短歌バトン

Kamomeさんからのバトンです。
「Musicバトンの短歌版みたい。
大元は、篠田算 さんらしいです」
とのこと。
そして、もたもたしているうちに、西村玲美さんからもバトンをいただいてしまいました。
誰にバトンを渡そう・・・と思ったときに、わたしを思い出してくださったのが嬉しいです♪
ということで二刀流(?)で走ってみます(生まれて初めてバトンをわたされたかも)。


□短歌をはじめたきっかけを教えてください。

俵万智さんの「短歌をよむ」という本を読んで、面白そうだったので。


□好きな歌人がいたら教えてください。

穂村弘さん
加藤治郎さん
永田和宏さん
水原紫苑さん

□あなたの好きな短歌を三つ挙げてください。

呼吸する色の不思議を見ていたら「火よ」と貴方は教えてくれる(穂村弘)

君かへす朝の舗石(しきいし)さくさくと雪よ林檎の香のごとく降れ(北原白秋)

願はくは花のもとにて春死なむそのきさらぎの望月のころ(西行)

□あなたにとって短歌とはなんですか?

んー、なんだろう。
今現在は、わたしがわたしであるための支え、かな。
同僚、先輩、友人、家族に言えないことも歌にはできる。あと、妄想も(笑


□バトンを渡す人。
ごめんなさい。
派手にコケました。
だ、誰か手を差し伸べて起こして下さる方いませんか~?
いや、転がったバトンを持っていってくださる方でもいいです。
[PR]

by mizuki_nim | 2005-07-13 22:03 | 徒然につづる