なごや

11/30に現代短歌プロムナード2014(名古屋)に行ってきました。

西から東から名古屋に集結って感じです。


第一部:荻原裕幸さん、佐藤文香さん、なかはられいこさん、島田修三さん
俳句、川柳、短歌の差異やボーダーなど。
島田修三さんの強引なくらいの話の持っていき方がおもしろかったです。
(何度となく、なかはらさんが「島田さんにだまされそうになる!」と言いました)

第二部:斉藤斎藤さん、加藤治郎さん、穂村弘さん、荻原裕幸さん
虚構問題について。
こういう選者クラスの人たちでも、揺れたりして、答えは出ないのだなぁと思いました。

第二部が白熱しまして(そりゃそうね)、少し伸びました。新幹線に間に合うか心配で、会場質問のところで、退席しました。

来るときは、名古屋駅からランチの喫茶店を経て徒歩だったので、帰り道に迷う予感があったのです。
案の定、会場から最寄の地下鉄の駅にたどり着けなくて、タクシーに乗りました。

名古屋のタクシーって初乗り500円なのね!やっす!!びっくりしました。
おかげさまで、新幹線には余裕で間に合いました。(晩御飯のお弁当も買えたし♪)

こんなことなら、ぎりぎりまで会場にいて、隣のホテルからタクシーに乗ればよかったわ。

[PR]

by mizuki_nim | 2014-12-02 22:34 | 徒然につづる