6月22日23日のお歌

22日
066:消 父親のおとす一喝子供らの喧嘩の声を一瞬に消す(柳子)
かみなりおやじ健在。父ちゃんの怒った声はこわいもんね。

067:スーツ  刃には刃を向けるわれの我を隠すごと着る真白きスーツ(みあ)
 白い甲冑をつけた女騎士が思い浮かんだ。

23日
011:都 独楽のごといつかたふるる首都ひとつまだみづぎはにまはりをりたり(キタダヒロヒコ)
       危ういものの上で暮らしていながら、それを考えないようにしているんだ。

050:変 壊すのも翔ぶのも自分変わらない日々を選んでいるのも自分(林 ゆみ)
       はい、まったくその通り。ああ、イタイ。
[PR]

by mizuki_nim | 2005-07-20 22:26 | 題詠マラソン気になる短歌