ランチとトキワさん

定時をすぎて帰ろうとかばんを出したら、お弁当の包みが。
まあ、それは持ってきたのだからあるのは当然なのですが、中身が入っているのです。
あれ?
わたし、今日、お昼ご飯食べてないの?
外に出た覚えはないので、食べていないのでしょうねえ。
ご飯を食べていないことにずーっと気が付かずにいたことにびっくりです。
ちょうどお昼ごろに、立て続けに調べものが出て、調べているうちに忘れちゃったのか。
忘れちゃったんですねえ。
わたし、食べることだけは絶対忘れないって思っていたのですが、自信がなくなりました。

そうだ、今日は朝に知らない番号から着信があって
若い男の人の声で
「あ、トキワです」
「え?」(トキワさんて知り合いいたっけ?しかもわたしのケータイ番号を知っているトキワさんて?)
「トキワです」
「どちらのトキワさん?」(昔、塔にトキワさんていたっけな。でも番号は知らないはず)
「……」(むこうのトキワさん、沈黙)
「……」(待つ)
「すみません、間違えました」
こんなやり取りもあったのでした。

今日はきっとちょっといつもと違うことが起きる日だったのでしょう。



[PR]

by mizuki_nim | 2015-01-20 22:46 | 徒然につづる