006 かささぎの

006: 中納言家持=大伴家持(ちゅうなごんやかもち = おおとものやかもち)
かささぎの わたせる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける
かささぎの わたせるはしに おくしもの しろきをみれば よぞふけにける
(宮中にある)かささぎの橋に白く霜が降っている。ああ、もう夜も更けてしまったのだなぁ。

かささぎの橋・・・七夕の夜、牽牛(けんぎゆう)・織女の二星が会うとき、カササギが翼を並べて天の川に渡すという想像上の橋。また、宮中を天上になぞらえて、その殿舎の階段。

冬に宮中で宿直をしている時に詠んだのではないでしょうか。
「今宵はあなたに会いに行けないのです・・・・・・」なーんてね。
もうひとつの解釈として「天の川を見るとカササギが翼を連ねてつくったという橋に霜のように星が白く輝いている。もう夜も更けてしまったのだなぁ」というものもあります。「月落ち烏鳴いて霜天に満つ」(張継「楓橋夜泊」)を踏まえているとされています。
どちらの解釈にしても、冬の歌ということになりますね。

*作者について
万葉集の編纂者の一人。

本歌取りのキーワード:かささぎ橋、夜、星、天の川、冬
星の船もかささぎ橋もない夜は会えないあえないキミニアエナイ
星空を見上げていても独りでは探せぬ冬の大三角を

冬の大三角・・・オリオン座のペテルギウス、子犬座のプロキオン、大犬座のシリウスで描く三角形
星空を見るのは大好きですが、冬の大三角はもちろん夏の大三角や星座を上手く見つけることができません。

☆他の方の本歌取りも見てみたい方はこちら
[PR]

by mizuki_nim | 2005-07-31 16:40 | 本歌取り