小さすぎる

今朝、地震があったようなのです。
ええ、全然気が付きませんでした。ちょうど駅に向かって歩いているところだったのです。
地下鉄もいつも通り動いていましたし。
電車の中で、男子高校生が友人に「なあ、地震あったって」とスマホを見ながら言っていて、
え、そうなの?と思ったのでした。

今日はちょっと早めに出勤して、仕事に取り掛かります。
要領が悪くて、一つの仕事に時間がかかってしまうのです。


来年度の開館カレンダーを作らなくちゃね、と職場で話していて、
名刺サイズのカードで作ったらどうでしょうと若い人が言います。
私:え、一年分を?
若:はい。
私:ええー、超小さいじゃん!!
若:ええ、まあ小さいですけど。(それがなにか?)
私:却下!
若:ええ?!
私:だって、わたし、老眼でそんなちっさい文字見えないもん。やだやだ。
若:……わかりました。

私もね、若いころは文字の小ささなんて気にしませんでした。ほんとに。
あと10歳若かったら、よっしゃ作ろう!ってなったかもしれないのですがね。
老眼フレンドリーなカレンダーを作る予定です。
[PR]

by mizuki_nim | 2016-02-05 23:51 | 徒然につづる