019 難波潟

019: 伊勢(いせ)
難波潟 みじかき蘆の ふしの間も 逢はでこの世を 過ぐしてよとや
なにわがた みじかきあしの ふしのまも あわでこのよを すぐしてよとや
難波潟に生える短い葦の節のようなほんのわずかの間さえ、あなたと逢わずにこの世をむなしく過ごしてしまえとおっしゃるのですか。

難波潟(なにはがた)・・・上代、大阪市の上町台地の西側まで来ていた海域の古称。難波江。
みじかき葦の・・・この句までが「ふしのま」を導く序詞。生えて間もない短い葦は節も短いため、短い時間の比喩。
ふしのまも・・・前の句からの続きとしては「(葦の)節と節の間も」の意になるが、後の句へのつながりとしては「ほんのわずかな時間も」の意になる。「ふし」には「臥し」が掛かる。あはでこの世を・・・逢わずにこの世を。「世」は「人生」の意だが、「男女の仲」の意も含む。また「節(よ)」と掛詞になり、「ふし」と共に葦の縁語。
すぐしてよとや・・・過ごしてしまえとおっしゃるのですか。

*作者について
伊勢守藤原継蔭の娘なので伊勢と呼ばれた。才媛で言い寄る男多かったが、藤原仲平との恋愛に失敗。その後、宇多天皇の寵愛を受けて皇子を産み、伊勢の御息所と呼ばれた。

仲平が訪れなくなって詠んだ(らしい)です。
愛とは・・・・・・愛とは・・・・・・って感じ(いったいどんな感じなんだ?)。
えーと、竹内まりやの『元気をだして』という曲を贈りたい。

本歌取りのキーワード:帰ってこない恋人
吾ではない恋人を抱く(だろう)汝のシャツにアイロンかけ続ける夜
*ルビ 汝=な 夜=よ

いつもルビは()に入れるのですが、今回は()を歌に使ってしまったので、注として表示しました。
あ、ちょっとコワいヒトじゃないですか?自分で詠んでおいて言うのもなんですが。

☆他の方の本歌取りも見てみたい方はこちら
[PR]

by mizuki_nim | 2005-09-21 22:23 | 本歌取り