火のにほひ、雪のかをり

今日は国立博物館の運慶展に行ってきました。
混まないうちに早めにね。(って言っても混んでいるけど)
夜間開館の日は夕方が割とねらい目、と以前聞いたことがあるので、
16時頃に行きました。
空いてはいないけど、嫌になるほどは混んでいません。

とても見ごたえがあってよかったです。
お寺では正面からしか拝見できませんが、国立博物館では後姿も堪能できました。
龍燈鬼のお尻がすごかった…。

金剛峯寺から八大童子のうち6人も来ていて、制多伽童子と矜羯羅童子もいました。
どちらもなんて可愛らしいのでしょうか。
帰りの電車でふと歌を思い出しました。

  サッカーの制吒迦童子火のにほひ矜羯羅童子雪のかをりよ 塚本邦雄


それからうれしかったのは高山寺の子犬にも会えたことでした。
明恵上人がかわいがった子で、志賀直哉が「隣に置いて撫でたい」と言ったとか。
ほんとにかわいくて、もふりたい。


あー、京都&奈良に行きたくなっちゃったなあ!




[PR]

by mizuki_nim | 2017-09-30 21:55 | 徒然につづる