020  わびぬれば

020: 元良親王(もとよししんのう)
わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ
わびぬれば いまはたおなじ なにわなる みをつくしても あわんとぞおもう
つらくてやりきれなくて、逢っても逢わなくても同じことなら、難波の澪標ではないけれど、私の命が尽きようともあなたに逢おうと思っています。

わびぬれば・・・つらくて、もう遣りきれなくなったので。「わび」は「困惑する」「つらいあまり歎く」などの意。
今はたおなじ・・・もはや、逢っても逢わなくても(噂が立ってしまった以上)同じこと。
難波なる・・・「みをつくし」に枕詞風に掛かる。
みをつくしても・・・命が尽きようと。「みをつくし」(澪標)を掛ける。
澪標・・・《「澪(みお)つ串(くし)」で、「つ」は助詞「の」の意》澪にくいを並べて立て、船が往来するときの目印にするもの。和歌では「身を尽くし」にかけて用いることが多い。みおぎ。みおぐい。みおじるし。

*作者について
陽成院の第一皇子。『大和物語』に「故兵部卿の宮」として風流好色の逸話を残す。宇多法皇の寵妃であった藤原褒子との熱愛は有名(らしい)。

密通が露見して後、相手 (藤原褒子)に贈った歌。
あら、ちょっとこの人、開き直ってますよ。でも、ヘンに言い訳されたり逃げられるよりは、こういう方が嬉しいかもね。褒子さんの反応を知りたいですな。

本歌取りのキーワード:みお(澪・水脈)
水脈(みお)つきておまえと逢えぬ日が来てもこころはここにあると思えよ

み‐お (澪・水脈・水尾)《「水(みず)の緒(お)」の意》
1.浅い湖や遠浅の海岸の水底に、水の流れによってできる溝。河川の流れ込む所にできやすく、小型船が航行できる水路となる。また、港口などで海底を掘って船を通りやすくした水路。
2. 船の通ったあとにできる跡。航跡。

☆他の方の本歌取りも見てみたい方はこちら
[PR]

by mizuki_nim | 2005-09-28 22:49 | 本歌取り