7月(後半)のお歌

100:マラソン 伊波虎英 2005年07月18日 (月) 00時41分
マラソンを先導したる白バイのサイドミラーに雨、ひやくつぶの

062:風邪 林 ゆみ 2005年07月18日 (月) 23時11分
風邪ぐらい寝不足ぐらい生理痛ぐらいじゃ休めぬ年代なのだ

061:じゃがいも 近藤かすみ 2005年07月21日 (木) 00時26分
男爵の選ぶ五月の女王様じゃがいも畑の朝のにぎわひ

043:馬 美里和香慧 2005年07月23日 (土) 22時43分
僕たちは駱駝か騾馬かどっちかな 月の砂漠は歩けるだろうか

030:橋 逢森凪 2005年07月26日 (火) 14時50分
あの橋を渡れば世界が開けると信じていたのただ訳もなく

082:罠 飛鳥川いるか 2005年07月26日 (火) 19時11分
大いなる罠にかかつて荒地野菊咲くこの星に生まれてきました

004:淡 足立尚計 2005年07月27日 (水) 08時44分
水害の村をシーツで覆うごと淡雪積もる中独り佇つ

020:楽 足立尚計 2005年07月27日 (水) 09時31分
楽の音が川上はるか流れ来ぬみくばりの神鎮めんとして

052:螺旋(再投稿) 茶琥チヤ子 2005年07月27日 (水) 13時12分
千年の時間(とき)の螺旋を巡り来て采女の祈り勾玉に満つ

053:髪 水須ゆき子 2005年07月28日 (木) 00時19分
やだここにまだいたんだね雪色の遺髪に残る父の体温

100:マラソン 常盤義昌 2005年07月29日 (金) 11時09分
両膝を折ってマラソンランナーが影絵のごとく地に溶けこむ

060:影 西村玲美 2005年07月29日 (金) 23時32分
葉桜の下歩む吾はほの青き君影草の香を漂はせ

083:キャベツ みあ 2005年07月30日 (土) 22時42分
やわらかな春のキャベツをめくるようわたしの中の頑なを剥ぐ

017:陸 千坂麻緒 2005年07月31日 (日) 22時15分
やわらかい草を選んで食べている陸ガメの背に夕日が落ちる
[PR]

by mizuki_nim | 2005-11-13 20:15 | 題詠マラソン気になる短歌