たとえば空で

c0053571_22351875.jpg

もみの木につけたいくらいきらめいた星を見つけた あれはあなたか

苦痛から解き放たれて今ごろはおだやかだろう笑ってるよね

死にたいと思ってしまう日はいつも生きられなかった人を想おう

サヨナラは言わないでおくいつかまた逢うことになる たとえば空で




金曜日、友人の訃報を聞く。
闘病中なのは知っていた。でも、彼女自身の希望で、お見舞いも電話もしなかった。
葬儀も家族だけですでに済ませてしまったとのこと。

いつかそちらへ行ったら、「黙って行くなんてひどいじゃないか」と文句を言うつもり。
[PR]

by mizuki_nim | 2005-12-18 22:35 | 徒然に詠める