桜三首

c0053571_221908.jpg

東京国立博物館 庭園/ 撮影:瑞紀 PENTAXOptioS5Z

幹を抱き朽ちてゆきたき我が上にいつまでも花降りしきれ、花

天蓋ゆ花の降り来る春の夜に百年のちの逢瀬を約す
*夜=よ

新月に身体横たえ眸を閉ず桜の森の土となりたし
*眸=まみ
[PR]

by mizuki_nim | 2008-04-06 22:46 | 徒然に詠める