『塔』8月号

楽の音の聞こゆるごとき曲線を持てる菩薩はガラスの向こう

木の馬がくわうるおみくじ吉なれどわが待ち人は遅るるらしき

ホテルより出ずれば雨の降り始む「帰さぬ」などと言われてみたし


(黒住嘉輝氏選)
[PR]

by mizuki_nim | 2008-08-25 21:40 |