『塔』9月号掲載歌

c0053571_2215336.jpg

京都 石峰寺 撮影:瑞紀 Canon EOS KissIII 

深草の阿羅漢さんに会いにゆくまろく揺るがぬわれでありたし

「瑞紀ちゃん」と呼ばるるたびにあたたかき水がわたしを満たすようなり

じゃがいもの芽を抉り取りてのひらに冥王星のさみしきかたち

一日の空を映せる紫陽花のあわいに君の背(せな)が隠れぬ

色違いのブックカバーを持つひとがオープンカフェの隣に座る

隣席の翁の足もうずうずとリバーダンスに誘われており


(小林幸子氏選)
[PR]

by mizuki_nim | 2008-09-15 22:25 |