2017年 04月 30日 ( 1 )

緻密WEEK

4月、終わりますね。
さて、先週のことから振り返ります。

水曜日に2時間早退して、東京都美術館の「バベルの塔」展に行きました。
平日の夕方だったせいか、それほど混みあっておらず、ゆっくりと観られました。
ヨーロッパ絵画を見るとき、いつも自分に聖書の知識がないせいで(たぶん)
作品をうまく鑑賞できないというか入り込めないというか受け入れられないというか
うーん、表面上だけ見て「ふーん」で終わってしまうのです。
バベルも展示作品の多くが宗教を下敷きにしてあって、自分との距離が遠いなあと言う感じ。
でもバベルの絵は、知っている話だからなのか、引き付けられました。

「宗教」でも曼荼羅とかは見入っちゃうんだけれど、なぜなんだろうなあ。

なんてことを思いました。

金曜日、一時間早退するはずだったのに、いろいろあって、5分早退…。ぷー。
表参道のTOBICHI2へ。
ここでもバベル展をやっているのです。でも、ブリューゲルじゃなくて
ヒグチユウコさんの原画展。
すごいわ。

土曜日、千葉市美術館の「ウォルター・クレインの本の仕事」にE子さんも行きたいということがわかり
じゃあ、一緒に行きましょう!ということに。
充実した展示でした。人もあんまりいなくて、それはそれでもったいないなーと思いました。
帰りに小さなケーキ屋さんの2階でケーキとお茶をいただき、帰り道は若干迷いながら(行きとは違う道にしたから)、
駅まで歩きました。
展覧会は基本一人で行くのだけれど、友達と「これすごいね」とか「この魔女かっこいい!」とか言いながら観るのも
楽しくてよかったです。

この週、見た3件、みんな緻密な作品群だったな。



[PR]

by mizuki_nim | 2017-04-30 22:00