2017年 09月 12日 ( 1 )

Japanese only

職場にアメリカの大学から見学者。5,6名と聞いていたのが、10名来ました。
引率の教授は30年前ここに通い詰めたそうで、自分のゼミの院生にもぜひ紹介したいとのことでした。
普段は立ち入れない書庫を案内して、開設の経緯なども話しつつ小一時間。
全部、日本語で。(笑)
うちの図書館を使うには日本語能力必須のため、みなさん日本語が堪能なのです。
一応、英語のアンチョコも準備はしたのですが、出番なし。
みなさん漢字の読み書きもOKなのー。

大学図書館にいると留学生も来ますが、こちらの英語が上達するよりも彼らの日本語が上達する方が早いのよね。
で、結局日本語でやりとりできちゃうという事態になるのですね。
どーしても英語でというときもあるのだけれど、通りすがりの学生(日本人)が(見かねて)通訳してくれたりしました。

海外からのメール問い合わせでも「英語があまりうまくないので、そちらのスタッフで日本語ができる人はいませんか?」と
返信すると(ま、さすがにこれは英文(Google翻訳さまさま))、日本語可のスタッフが仲介してくれたり、
そういう人がいない場合は、より易しい英語で聞いてきてくれます。

意外と何とかなるものなのね。
だからと言って、語学力はあった方がいいんですけどね。



[PR]

by mizuki_nim | 2017-09-12 21:13 | 徒然につづる