カテゴリ:題詠100首blog( 103 )

091:砂糖(瑞紀)

ゆるやかにわかりあへ さう、果実酒の氷砂糖がとくるはやさで
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-26 22:17 | 題詠100首blog

090:匂(瑞紀)

夏服にシダーウッドの木片をおけば来夏はやさしき匂ひ
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-26 22:16 | 題詠100首blog

089:無理(瑞紀)

ハルシオン・ブルーの誘ふ奈落より無理に引き上げらるるあかとき
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-26 22:14 | 題詠100首blog

088:銀(瑞紀)

地の尽くる岬ゆ見ゆる始まりの海に無数の銀の波たつ
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-23 22:31 | 題詠100首blog

087:朗読(瑞紀)

音楽のやうな叙事詩の朗読が金の川面を流れてゆけり
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-23 22:30 | 題詠100首blog

086:メイド(瑞紀)

陽だまりにハンドメイドのストールを羽織る老女のしづかなる午後
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-23 22:29 | 題詠100首blog

085:富(瑞紀)

才に富む人を羨しく思ゆれば裡にある闇色濃くならむ
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-22 21:06 | 題詠100首blog

084:世紀(瑞紀)

激情のあらざれどこの恋は吾にとりて世紀の恋となるらむ
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-22 20:36 | 題詠100首blog

083:拝(瑞紀)

無意識に拝むがごときしぐさして考へ事に沈みつ君は
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-22 20:35 | 題詠100首blog

082:整 (瑞紀)

古き家消えて更地の一角に区画整理の看板立てり
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-22 20:34 | 題詠100首blog