カテゴリ:題詠100首blog( 103 )

071:老人(瑞紀)

老人にならざる人の面影を居待ち月夜に思ひ出しゐる
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-15 23:03 | 題詠100首blog

070:章(瑞紀)

購へる赤き葡萄を安宿で食ふ断章のごとき一粒
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-15 23:02 | 題詠100首blog

069:カフェ(瑞紀)

君ならば「カフェ・コン・レチェ」と言ふだらうBAR(バル)に夕陽のまぶしかりけり


*カフェ・コン・レチェ・・・カフェ・オ・レ
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-13 22:37 | 題詠100首blog

068:報(瑞紀)

倫理なき事件や事故をこの国のテレビも報じかなしみ映す
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-13 22:31 | 題詠100首blog

067:事務(瑞紀)

大通りの店も事務所も閉ぢらるる午睡の街をゆるりと歩む
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-12 23:07 | 題詠100首blog

066:ふたり(瑞紀)

ひとりよりふたりがさみしかる時のあるを知らぬや恋人たちよ
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-12 23:05 | 題詠100首blog

065:鳴(瑞紀)

声高におのれを語る人のゐておざなりに聞く 遠く雷鳴
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-12 23:04 | 題詠100首blog

064:百合(瑞紀)

オレンジの花粉を床にこぼすのみ百合の雄蕊を落とす真昼間
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-12 23:03 | 題詠100首blog

063:オペラ(瑞紀)

君発ちしのちに次々試練あらばソープ・オペラのヒロインならむ
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-11 22:59 | 題詠100首blog

062:竹(瑞紀)

思へども離(か)れぬる人を繋ぐ術われは持たざり竹にあらねば
[PR]

by mizuki_nim | 2006-10-11 22:57 | 題詠100首blog