カテゴリ:題詠blog2007( 102 )

081:露(瑞紀)

滑り台に遊ぶ子のごと朝露が葉の勾配をつつーと流る
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-25 21:44 | 題詠blog2007

080:富士(瑞紀)

なあんにもなくて小さく富士山が見えたことなど思い出す坂
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-23 21:19 | 題詠blog2007

079:塔(瑞紀)

塔の下に待つ人のなき我なれば肩のあたりで髪切りそろえたり
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-23 21:05 | 題詠blog2007

078:経(瑞紀) 

やさしさをどこかにおいて来たようださやぎ続ける神経を抱く
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-23 21:04 | 題詠blog2007

077:写真(瑞紀)

しあわせかといつも問われているようでうつむき通る写真館前
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-22 22:46 | 題詠blog2007

076:まぶた(瑞紀)

窓際にひとり眠れば戦ぎたりまぶたの裏で光と闇は
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-21 21:33 | 題詠blog2007

075:鳥(瑞紀)

うつしみにはたどり着かざる場所ならむ極楽鳥花挿す人を見ゆ

*訂正
うつしみにはたどり着かざる場所ならむ極楽鳥花挿す人を見つ
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-21 21:31 | 題詠blog2007

074:英語(瑞紀)

ビューラーをしまい少女は英語IIのテキスト膝の上に広げる
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-21 13:17 | 題詠blog2007

073:像(瑞紀)

劣化するだけのわたしの輪郭が画像の中に溶け出していく
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-21 13:16 | 題詠blog2007

072:リモコン(瑞紀)

伝えるべき相手のいないさみしさよ抽斗奥に眠るリモコン
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-21 13:15 | 題詠blog2007