カテゴリ:題詠blog2007( 102 )

071:鉄(瑞紀)

立ち止まる 紅玉林檎ぶら下げて火の花が咲く鉄工所前
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-20 21:34 | 題詠blog2007

070:神(瑞紀)

だれからもメール来ぬ夜神経の薄き氷がぱりぱりいえり
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-20 21:33 | 題詠blog2007

069:卒業(瑞紀)

太陽に向かって伸びる飛行機雲今日なら卒業できる気がする
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-20 21:32 | 題詠blog2007

068:杉(瑞紀)

風のない日もゆれている枝見上げヒマラヤ杉とおしゃべりをする
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-20 21:30 | 題詠blog2007

067:夕立(瑞紀)

東京をけぶらせている夕立に君もかきみだされていますか
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-19 21:18 | 題詠blog2007

066:切(瑞紀)

影法師思いがけなくあらわるに雲の切れ間を振り仰ぎたり
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-19 20:31 | 題詠blog2007

065:大阪(瑞紀)

幼子と取り残される心地せしと大阪時代を母は語りき
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-19 20:30 | 題詠blog2007

064:ピアノ(瑞紀)

弾けぬままピアノピースは色褪せてオルゴールで聞く<乙女の祈り>
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-19 20:28 | 題詠blog2007

063:浜(瑞紀)

短足を回転させて胴長の犬が海浜公園めざす
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-18 21:42 | 題詠blog2007

062:乾杯(瑞紀)

「おめでとう」と素直に言えずやさぐれて乾杯の輪に入れずにいる
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-18 21:41 | 題詠blog2007