カテゴリ:題詠blog2007( 102 )

061:論(瑞紀)

レファレンスの途中に足をとめたりきKazuhiro Nagataの論文ありて


*Kazuhiro Nagata=永田和宏・・・歌人。塔短歌会主宰。細胞生物学者。
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-18 21:39 | 題詠blog2007

060:キス(瑞紀)

紅の色うちに秘めつつもみじ葉は投げキスのごと雫を落とす
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-17 21:32 | 題詠blog2007

059:ひらがな(瑞紀)

手のひらにひらがなで書くわれの名を友はいかなる響きと思(も)うや
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-17 21:31 | 題詠blog2007

058:鐘(瑞紀)

鎮火せしと鐘を響かせぬばたまの夜に消防自動車は消ゆ
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-17 21:30 | 題詠blog2007

057:空気(瑞紀)

秋晴れの空気をたんとふふませむ日なたに抱かれ眠れるように
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-17 21:27 | 題詠blog2007

056:タオル(瑞紀)

病院のタオルは白くありたるにかばんに詰めむ橙、空色
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-16 21:37 | 題詠blog2007

055:労(瑞紀)

君の刃を受けるわが盾きしみいて金属疲労起こしていたり
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-16 21:32 | 題詠blog2007

054:電車(瑞紀)

電車より見つ人々が水尾のごと唐人船に従いゆくを
   -長崎おくんちにゆきあう-
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-16 21:30 | 題詠blog2007

053:爪(瑞紀)

深爪は消えたしと思(も)うサインなり我からわれを切り離しゆく
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-16 21:28 | 題詠blog2007

052:あこがれ(瑞紀)

両腕に抱えきれないあこがれが通学路にはこぼれておりぬ
[PR]

by mizuki_nim | 2007-10-15 20:55 | 題詠blog2007