カテゴリ:題詠blog2008( 102 )

091:渇(瑞紀)

見上ぐればきっと渇望してしまう公園通りをうつむき歩く
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-31 22:18 | 題詠blog2008

090:メダル(瑞紀) 

負けたならやはり悔しい何色でもメダルが欲しいはないちもんめ
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-31 22:18 | 題詠blog2008

089:減(瑞紀) 

蒸留所に今日も天使は訪れて<いのちのみず>のわずかに減らむ
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-31 22:17 | 題詠blog2008

088:錯(瑞紀) 

真昼間の黒衣の襟に留めらるる銀の蜥蜴が動く錯覚
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-31 22:16 | 題詠blog2008

087:天使(瑞紀) 

唇を噛みしめたるに隣席の天使が羽根を手渡しくるる
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-31 22:14 | 題詠blog2008

086:恵(瑞紀)

持てるもの数えてゆけば恵まるるわれと思えり総合的に
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-31 22:13 | 題詠blog2008

085:うがい(瑞紀) 

うがいせば咽喉に溜まれる「死ね死ね」があぶくとなりて吐き出されおり
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-31 21:33 | 題詠blog2008

084:球(瑞紀) 

ドラフトに指名されたるのち笑う高校球児の眉の細さよ
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-31 21:32 | 題詠blog2008

083:名古屋(瑞紀) 

この街を友と歩きしことありき<のぞみ>は名古屋をゆっくりと出ず
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-31 21:31 | 題詠blog2008

082:研(瑞紀)

一つでも成果出さねばならぬゆえ研究棟は不夜城となる
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-31 21:30 | 題詠blog2008