カテゴリ:題詠blog2008( 102 )

071:メール(瑞紀) 

死にたがるわれが目覚むるぬばたまにえみさんからの光のメール
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-29 22:24 | 題詠blog2008

070:籍(瑞紀)

リベリアという国の場所知らざれど海難ニュースの船籍に聞く
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-29 22:23 | 題詠blog2008

069:呼吸(瑞紀) 

T字路に金木犀の香り濃きポイントありて深呼吸をす
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-29 22:21 | 題詠blog2008

068:踊(瑞紀) 

踊り場の窓から雲がいなくなる諦めたのはわたしの方だ
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-29 22:20 | 題詠blog2008

067:葱(瑞紀)

たんまりと九条葱のるうどんなり君と並びてすする熱きは
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-29 22:19 | 題詠blog2008

066:ひとりごと(瑞紀)

ひとりごと、とはちゃうねんぞ窓際のポトスに話しかけてんねんで
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-28 22:39 | 題詠blog2008

065:眩(瑞紀) 

北門を抜けてまひるま柵に沿う石蕗の黄がやけに眩しい
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-28 22:38 | 題詠blog2008

064:可憐(瑞紀) 

われよりも可憐と思うすすき野に見え隠れする細身の君を
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-28 22:36 | 題詠blog2008

063:スリッパ(瑞紀)

身体すら起こせぬ父のスリッパを何も言わずに持ち帰りたり
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-28 22:35 | 題詠blog2008

062:浅(瑞紀)

泣きながら目覚めた朝はことさらに音立てて食む浅漬け胡瓜
[PR]

by mizuki_nim | 2008-10-23 22:23 | 題詠blog2008