カテゴリ:勝手に題詠2004( 100 )

090:木琴

真夜中に退屈なので木琴を叩いてみたら「」って叫んだ
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-11 21:23 | 勝手に題詠2004

089:歩

五十年連れ添う夫(つま)の手をとりて歩める女(ひと)の幸ぞ羨しき
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-08 22:14 | 勝手に題詠2004

088:句

日常に桃の節句は埋(うず)もれて肌のくすんだ雛(ひいな)は納戸
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-06 22:28 | 勝手に題詠2004

087:混沌

混沌の海に沈んだわたくしはやがて溶け出し渦になるのだ
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-05 22:10 | 勝手に題詠2004

086:チョーク

袖口と頬にチョークの粉つけて笑ってた君、お元気ですか
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-04 20:21 | 勝手に題詠2004

085:再会

君は吾に気付きもせずに過ぎていく再会はまた明日にしよう
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-02 22:09 | 勝手に題詠2004

084:抱き枕

君を抱き枕の代わり片腕を出せば緑の黒髪の中
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-31 22:29 | 勝手に題詠2004

083:皮

黒い樹皮その内側に秘められた鮮烈な色君にあげよう
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-30 21:04 | 勝手に題詠2004

082:軟

その頬を「軟弱者!」と平手打ちしたいんだけどセイラみたいに

More
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-29 22:36 | 勝手に題詠2004

081:イラク

今もまだ争い絶えぬイラクにはかつて最古の文明があり
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-28 20:37 | 勝手に題詠2004