カテゴリ:勝手に題詠2004( 100 )

080:縫い目

綻びた縫い目のような僕達を一気に裂いてくれぬか 誰か
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-27 22:16 | 勝手に題詠2004

079:整形

チエちゃんに整形疑惑持ち上がる元担任もわからなかった

More
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-26 15:27 | 勝手に題詠2004

078:洋

和洋中何でもいいと言ったのに「それ今日休み」マギー審司か!

More
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-23 22:33 | 勝手に題詠2004

077:坩堝

興奮の坩堝の外に我はおりどうでもいいと言いはせずとも
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-22 20:43 | 勝手に題詠2004

076:降

もう二度と会えなくなるとは思わぬか降車ボタンを押したる君よ
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-21 12:57 | 勝手に題詠2004

075:あさがお

白き汝(な)の首に絡みぬあさがおの蔓絞まりゆく真夏の朝に
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-20 19:32 | 勝手に題詠2004

074:キリン

脚立から君の頭を見下ろせばここは草原キリンな気分
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-20 14:22 | 勝手に題詠2004

073:廊

草萌ゆる廃墟の寺院光さすその回廊に君はいたんだ
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-19 22:01 | 勝手に題詠2004

072:海老

黒虎という名の海老は中華鍋の中で赤く変化しました

More
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-19 22:00 | 勝手に題詠2004

071:追

引き止めるほどの未練も追いかける情熱もなく これがわたくし
[PR]

by mizuki_nim | 2005-03-17 22:26 | 勝手に題詠2004