カテゴリ:投稿短歌( 52 )

ひとりじょうず

くるるんぱ小枝をまわして投げ上げて一人遊びが上手なカラス


ひとりごと言いながら遊んでいるカラスがいるんですよね。
ドリトル先生になって何言ってんのか訊いてみたいなぁ。

ケータイ短歌投稿歌です。
より子さんに選んでいただけたようですが、聴いていなかった。。。
[PR]

by mizuki_nim | 2006-03-19 22:49 | 投稿短歌

cry

c0053571_20552736.jpg

撮影:瑞紀 OlympusCamedia

定期券をポケットに入れ歩き出すひとりになって泣いてしまおう

地下鉄の連絡通路を歩きながらふいに泣きたくなった。
たぶん今が一番つらい時期なんだ、と毎日呪文のように繰り返している。
わたしだけがつらいんじゃない、と毎日言い聞かせている。
みんな投げ出してしまいたい、と毎日思っている。
だから
はやく
ひとりになって
泣いてしまおう。



仕事、もう一息です。たぶん。マラソンなら38キロ地点は過ぎたかと。
ケータイ短歌のサイトに、放送で紹介できなかった分として、歌人の穂村弘さん選で載っておりました。穂村弘さん、好きなのでとっても嬉しかったです♡
[PR]

by mizuki_nim | 2006-02-19 21:40 | 投稿短歌

己の敵

いつだって相手は自分なんだよね受験も仕事も 負けるな、あたし

c0053571_163513.jpg

撮影:瑞紀 OlympusCamedia


ケータイ短歌のサイトに、放送で紹介できなかった分として、載っておりました。
ゲストの前田健さんが選んでくださいました。

ただいま仕事上のとある大イベントの山場も山場で、こんなキブン。
自分に甘くて、さっさと済ませばいいことをずるずる引き延ばしてしまって。忙しくなることはわかりきっていたのに。
己の敵は己なのじゃ、と骨に刻む毎日(終わったら忘れると思うけど)。
[PR]

by mizuki_nim | 2006-02-05 16:15 | 投稿短歌

もう忘れたよ

完成はいつだったのかそれよりも何を編もうとしてたんだろう

c0053571_152543.jpg
撮影:瑞紀 PENTAXOptioS5Z


実は実話です。・・・・・・あ、くだらない駄洒落だからって引かないでぇーーー。
えーと、とあるダンボールから毛糸玉と編みかけと本が出てまいりましてね。
あー、たぶんねぇ一昨年の秋のことだったのではないかと(遠い目)。
その後、忙しくなったのとひどい肩こりで中断して、放置・・・・・・。で、忘却のかなたへと。
・・・・・・来年ひざ掛けでも編もうかね。
(↑来年かよ!また仕舞うのかよ!!絶対忘れるじょ!!!)

なんとこれ、NHK土曜の夜はケータイ短歌1/28の放送で取り上げてもらいました。
思いっきりお気軽に詠んだものだったので、びっくりです。
・・・・・・というか、それ?!それなのかよ?!って感じ(他にも投稿したものがあったのです)。
[PR]

by mizuki_nim | 2006-01-29 14:40 | 投稿短歌

わあ、驚いた

NHKラジオ『土曜の夜はケータイ短歌』
先週はうっかり聞き忘れてしまった。
ややさんや林ゆみさんのお歌をチェックしにサイトへ行ったら
自分の歌が載っててああらびっくり。朗読されていた模様。
あああ、数少ないこんな機会をなんで聞き逃しちゃったんだろう(って、前日録画しておいた『猫の恩返し』を観ていたのだった・・・・・・)。

朗読された(らしい)歌

横浜の夏空に咲く花のようにあたしもいっちょ派手に散ろうか

題詠マラソン2005 「横浜」のお題で詠んだものを改作したやつ。


8月も今日で終わり。ときめくような恋も玉砕するような恋(笑)もなあーんにもなく夏は過ぎていってしまったよ。
明日から夏休みモードから通常モードに切り替えて、仕事に歌にがんばる・・・・・・予定。電車が混むなぁ。
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-31 22:17 | 投稿短歌

付け句でいこう

NHKラジオ「土曜の夜はケータイ短歌」で、下の句「そんな時代が来るのだろうか」につける上の句を募集していたので、投稿してみました。

図書館にパソコンだけが並んでる そんな時代が来るのだろうか

これを、歌人の斉藤斎藤さんが読んで下さいました。
「本がないのに図書館はあると思っている中途半端さ・・・」とのコメントが。
はっホントだ・・・。気づかなかった。いや、考えたくなかった。図書館がなくなっちゃったら、わたし失職しちゃうんだもーん!
でも、みなさん「本はなくならないと思う」とおっしゃっていたので、たぶん失職はしない・・・(と思う)。
初めて聞いた斉藤斎藤さんの声は柔らかくて素敵でした♪(←声フェチ&指フェチ)

付け句は初めてでしたが、なかなか面白かったです。

わいわい歌会でご一緒させていただいている 林ゆみさんのお歌も朗読されていました。

こういう時、知っている方の名前を聞くと嬉しくなってしまいますね。
[PR]

by mizuki_nim | 2005-07-10 11:02 | 投稿短歌

「嘘」(5)

白シャツをいつも着ているあのひとはたぶん嘘などつかないひとだ (仁村瑞紀)
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-17 21:06 | 投稿短歌

「嘘」(4)

闇夜なら涙も嘘も隠せると思ってたのに君が照らした (仁村瑞紀)
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-11 21:10 | 投稿短歌

「うそ」(3)

祭る場をうしなったのでかわうそはレッドリストに引っ越しました (仁村瑞紀)


「嘘」ではないので、これを投稿してもいいものか・・・と思いつつ「枡野浩一のかんたん短歌blog」に投稿。
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-11 21:09 | 投稿短歌

「嘘」(2)

嘘つきと罵ることにもう飽きた 今度は何て罵ろうかね (仁村瑞紀)
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-03 21:01 | 投稿短歌