カテゴリ:題詠2005( 101 )

091:暖

まろぶ子を抱きとめた手に伝わるはわれが持たざる暖かさなり
[PR]

by mizuki_nim | 2005-09-06 21:13 | 題詠2005

090:薔薇

あと何が足りないのだろう真っ青な薔薇を咲かせてみせるためには


*a blue rose・・・青いバラ;不可能なもの,できない相談
バラにはもともと青い色素がないのだそうです。
[PR]

by mizuki_nim | 2005-09-04 20:28 | 題詠2005

089:巻

縁側の渦巻き形にのこる灰指でこわした真夏の朝(あした)
[PR]

by mizuki_nim | 2005-09-01 22:40 | 題詠2005

088:食

桃西瓜アイスお菓子と繰り出され 母さんわたしもう食えません
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-30 22:16 | 題詠2005

087:計画

専用の箸や歯ブラシ置いてゆきあなたの部屋を侵す計画
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-29 22:46 | 題詠2005

086:占

平積みの山が昨日も一つ増え床を占めてく増殖蔵書
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-25 21:38 | 題詠2005

085:胸騒ぎ

地を這いて波は広がり吾を揺らす予知も予感も胸騒ぎもなく
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-24 21:53 | 題詠2005

084:林

スキップで星の林を通り抜け超新星に飛び込んで行く
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-23 22:16 | 題詠2005

083:キャベツ

幼子を連れて帰りし吾に妻は「どちらのキャベツ畑から?」と笑む


銀英伝ネタ。
キャベツと言えばミッターマイヤー氏(というかミッターマイヤー夫人)ですね。
これしか浮かばなかったんだよぅ!!
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-22 20:35 | 題詠2005

082:罠

知りつつも好奇心から手を伸ばし罠にかかったわたしは莫迦だ
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-21 20:51 | 題詠2005