カテゴリ:題詠2005( 101 )

061:じゃがいも

暗がりに伸びてゆく芽の熱量を掌は知りじゃがいもを持つ
[PR]

by mizuki_nim | 2005-06-17 22:59 | 題詠2005

060:影

蒼海に濃く島影を現してケルトの神は手招きをする

More
[PR]

by mizuki_nim | 2005-06-12 19:47 | 題詠2005

059:十字

ハーブ摘む修道士(ブラザー)の慈悲深き手は十字軍にて剣を握りぬ

More
[PR]

by mizuki_nim | 2005-06-11 22:47 | 題詠2005

058:剣

彼の弓も舞うようでありアンコール「剣の舞」がホールを回る
[PR]

by mizuki_nim | 2005-06-07 21:45 | 題詠2005

057:制服

制服が滴るほどの夕立ちになってみたくて雨雲を召ぶ
[PR]

by mizuki_nim | 2005-06-06 22:10 | 題詠2005

056:松

おめざには松浦軒のカステラを所望いたすぞ早よ持って来よ

More
[PR]

by mizuki_nim | 2005-06-02 21:58 | 題詠2005

055:ラーメン

巻き舌の練習文と師曰く「サッポロラーメンミソラーメン」

More
[PR]

by mizuki_nim | 2005-06-02 21:54 | 題詠2005

054:靴下

音程が外れてるのは風のせい青い楽譜に靴下揺れて
[PR]

by mizuki_nim | 2005-05-29 19:40 | 題詠2005

053:髪

母の髪に歳月は降る霜のごといつしか父の享年越える
[PR]

by mizuki_nim | 2005-05-29 19:40 | 題詠2005

052:螺旋

姓も血も二重螺旋ものこさない生き方がある 今日は青空
[PR]

by mizuki_nim | 2005-05-24 22:42 | 題詠2005