<   2005年 04月 ( 55 )   > この月の画像一覧

待ち伏せられる

『詩歌の待ち伏せ 上・下』北村薫著 文藝春秋社 上2002.6 ISBN4163586202 下2003.11 ISBN4163653600

「詩歌」なので短歌だけではないが、石川啄木、塚本邦雄、佐々木幸綱、藤原定家、慈円、中城ふみ子・・・多くの歌人が取り上げられている。

筆者を「待ち伏せていた」詩歌についての一考察である。本屋で、家で、図書館で、どこででも待ち伏せする詩歌がいる。そこからまた新たな詩歌に出会う。

上巻、「ふらここ」という言葉の陰で介子推やブラッドベリが待ち伏せているなんて、まるで思わなかった。

下巻、土井晩翠の「星落秋風五丈原」から藤原定家、慈円そして伏見院の歌が引っ張られるように出てくるのは、詩歌が「待っていた」のだとしか思えない。

こういう「待ち伏せ」は誰にでも経験のあることではないだろうか。そんな時の心躍る嬉しさを思い出した。

この人の小説は大好きで読んでいたのだが、詩歌についてのエッセイがあったとは気がつかなかった。
わたしはこの本に図書館で待ち伏せされていたのだ。うれしいこと!

「同じ言葉に向かい合っても、人によって思うことは違うものです。」上 p.56
「作品があればそれで十分‐というのは、潔い態度のようです。しかし、一人の読む力には限りがあります。
 作品に関する作品が存在するのは、ありがたいことだと思います。このように、見えない世界を開いてくれるのです。」上 p.80-81
「なるほど、真実は一つと決まったものではありませんね。」上 p.180
「表現者が、動かし難い一語を探すという話は、いくらもあります」下 p.48

尚、わたしは未読だが、『詩歌の待ち伏せ 続』が2005年4月に刊行されている。
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-30 21:45 | 徒然につづる

043:馬

円らかな瞳の馬が近づいて歯をむき出してイヒヒと笑う
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-30 20:23 | 題詠2005

042:官僚

今朝彼は飛んでしまった 官僚という呪縛から解き放たれて
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-30 20:23 | 題詠2005

041:迷

闇にさす光の色は金だったそして迷いを撃ち抜く声は
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-30 20:23 | 題詠2005

040:おとうと

先立ったおとうとの名を絞り出す伯父をあわれと見ていた われは
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-30 20:22 | 題詠2005

4月10日のお歌

021:うたた寝 雨粒が屋根たたく音きいているたんたんたたたたたたうたた寝(上澄眠)

031:盗 春だから君を盗むよ。つめくさを編みこむようにはがいじめして(みあ)

032:乾電池 我の背の乾電池外せばリモコンは解かれて空へ翔べるだらうか(茶琥チヤ子)

042:官僚 官僚も退官したればただの人父さん今宵は飲み明かそうよ(落合朱美)

043:馬 イケメンの王子とダンスしてるのにカボチャの馬車の中身気になる(秋中弥典)
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-30 20:20 | 題詠マラソン気になる短歌

4月9日のお歌

008:鞄 座席下大きな鞄はみうみうと鳴きだす電車はラッシュ突入(美作直哉)

020:楽 楽になる手段はたぶん見つからない 君に殺してもらうよりほか(海神いさな。)

037:汗 目から汗なんか出ないぜ 何もかも流してしまうそれは涙だ(あみー)

091:暖 揺りかごのようなあなたの腕のなか暖かな夢みる夢をみる(丹羽まゆみ)

096:留守 意を決し ダイヤル回して繋がれば「ただいま留守にしております」か(かすいまこと)
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-30 20:15 | 題詠マラソン気になる短歌

4月8日のお歌

004:淡 淡い色の絵の具で何をごまかせるつもりだったの窓開け放つ(津和 歌子 )

025:泳 宛先のない葉書のようにはつなつの朝のはじめのひかりを泳ぐ(ひぐらしひなつ)

032:乾電池 無垢な歌ばかりきれいに歌ふからゐたたまれない、乾電池抜く(萱野芙蓉)

040:おとうと おとうとは翼を持って生まれたの だから今では雲の向こうに(植松大雄/SERENO)

083:キャベツ 軽トラの朝採りキャベツ 高原におらほおらほと春の音生む(丹羽まゆみ)
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-27 22:37 | 題詠マラソン気になる短歌

4月7日のお歌

014:主義 爆弾を手にした無政府主義者(アナーキスト)よりはるかに危険な二歳児かずま(やまもとなおこ)

027:液体 とめどなく液体化しているわたし ちゅるっと目玉を吸ってください(おやなぎ しま)

033:魚 何もかもどうでもよくて泣きながら洗剤流す 魚よ死ねえ(あみー)

078:携帯 花かげに携帯できぬ過去をおき空の向こうへ消える春蝉(丹羽まゆみ)

095:翼 渡りゆく白鳥あまたの翼風まひづる草は身をふるはせる(やそおとめ)
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-27 22:34 | 題詠マラソン気になる短歌

さくらさくら(改作)

さくら企画の歌についてコメントをいただきましたので、改作してみました。
斜文字が元の歌で太文字が改作したものです。
------------------------------------------------------------

顔を上げこちらをご覧と花びらがひらりひとひら我が前に落つ

那賀神さんからのコメント:ちょっと結句が重いような気がします。
まこさんからのコメント:ただ「顔を上げ」「こちらをご覧」といきなり「を」がだぶるので、もったいないです。後半に感じる重さは「我」にあるのでは。「我が」って、つい使いたくなるけど、母音が「ア行」「ア行」でしょ。けっこう強い言葉なんだよね。だから歌を固くしちゃうの。

顔あげてこちらをご覧と花びらがひらりひとひら目の前に落つ

「我が」をとりました。確かに、「我が」ってつい使いたくなってしまいます。

--------------------------------------------------------------

夕暮れる濠にたゆとう仄白き流水文を電車から見き

まこさんからのコメント:ストンと読めすぎてしまうから、結句を「見き 電車から」のように倒置したらいいのではと思いました。

夕暮れる濠にたゆとう仄白き流水文を見き 電車より

これは、まこさんの言うとおりにしかならなかったのでした。「電車から」を「電車より」にしただけ。

---------------------------------------------------------------

この春もわたしの上に降りかかるあたたかい雪 さよならまたね

まこさんからのコメント:助詞のだぶりはできたらない方が短歌がきれいです。
「の」とか「も」とかをわざと重ねるって手法もあるけど、「て」「に」「を」「は」は、できたらだぶらない方がいい。そうやって詠むと、最後の
>この春もわたしの上に降りかかるあたたかい雪 さよならまたね
この歌の「わたし」がとっても生きてくると思います。

待ちわびたわたしの上に降りかかるあたたかい雪 さよならまたね

初句「人を待つ」とも思いましたが、「待ちわびた」にしてみました。どうだろう。
[PR]

by mizuki_nim | 2005-04-26 21:17 | 徒然に詠める