<   2005年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

わあ、驚いた

NHKラジオ『土曜の夜はケータイ短歌』
先週はうっかり聞き忘れてしまった。
ややさんや林ゆみさんのお歌をチェックしにサイトへ行ったら
自分の歌が載っててああらびっくり。朗読されていた模様。
あああ、数少ないこんな機会をなんで聞き逃しちゃったんだろう(って、前日録画しておいた『猫の恩返し』を観ていたのだった・・・・・・)。

朗読された(らしい)歌

横浜の夏空に咲く花のようにあたしもいっちょ派手に散ろうか

題詠マラソン2005 「横浜」のお題で詠んだものを改作したやつ。


8月も今日で終わり。ときめくような恋も玉砕するような恋(笑)もなあーんにもなく夏は過ぎていってしまったよ。
明日から夏休みモードから通常モードに切り替えて、仕事に歌にがんばる・・・・・・予定。電車が混むなぁ。
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-31 22:17 | 投稿短歌

015 君がため

015: 光孝天皇(こうこうてんのう)
君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ
きみがため はるののにいでて わかなつむ わがころもでに ゆきはふりつつ
あなたのために新春の野に出て若菜を摘んでいるとわたしの袖に雪が降りかかってきますよ。

若菜・・・正月、初の子(ね)の日(後には七日)に、摘んで食べたり贈ったりする草。春の七草の総称。平安時代、宮中で邪気を払い、万病を除くという七種の野草を摘み、内膳司から羹(あつもの)にして献上した行事が民間に広まったもの。

*作者について
第58代の天皇。藤原基経によって陽成天皇が事実上廃位させられ、次の天皇として55歳で即位。藤原基経を関白に政務を執らせた。

親王時代に詠まれた歌で、「君」というのが誰を指しているのかは不明です。大切な人のために、健やかであれと願い、若菜を摘んだのでしょう。優しい光景ですねぇ。

本歌取りのキーワード:春、雪
立春の夜に降る雪眺めてる君の温もり背(せな)に受け止め

☆他の方の本歌取りも見てみたい方はこちら
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-30 22:18 | 本歌取り

088:食

桃西瓜アイスお菓子と繰り出され 母さんわたしもう食えません
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-30 22:16 | 題詠2005

087:計画

専用の箸や歯ブラシ置いてゆきあなたの部屋を侵す計画
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-29 22:46 | 題詠2005

086:占

平積みの山が昨日も一つ増え床を占めてく増殖蔵書
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-25 21:38 | 題詠2005

085:胸騒ぎ

地を這いて波は広がり吾を揺らす予知も予感も胸騒ぎもなく
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-24 21:53 | 題詠2005

084:林

スキップで星の林を通り抜け超新星に飛び込んで行く
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-23 22:16 | 題詠2005

014 みちのくの

014: 河原左大臣 = 源融(かわらのさだいじん = みなもとのとおる)
みちのくの しのぶもぢずり 誰ゆえに 乱れそめにし われならなくに
みちのくの しのぶもじずり たれゆえに みだれそめにし われならなくに
陸奥の刷り染め布のようにわたしのこころは乱れ染まってしまいました。こんなふうになるわたしではないのに、一体誰のせいなんでしょうね。(他ならぬあなたのせいなんですよ)

しのぶもぢずり・・・陸奥国信夫郡特産の摺り染め布。もとは忍草(しのぶぐさ)を染料とした「捩(も)ぢ摺り」のことを言ったとする説があります。「信夫文字摺り」と解されるようになったのは後世のことだそうです。乱れ模様に染めたので、「乱れ」を導くはたらきをし、また「(恋を)忍ぶ」が掛けてあります。
われならなくに・・・「「我ならず」の「ず」の未然形「な」に詠嘆の助詞「く」が付き、更に助詞の「に」が付いたもの。つまり「(そういう)自分ではないはずなのに」といったところです。
乱れそめにし・・・布を「乱れ染める」と心を「乱れ初める」の掛けことばになっています。
ただし、この「乱れそめにし」は百人一首に入る時までに改変されたもので、 古今集の元歌では単純に「乱れむと思ふ」です。

*作者について
嵯峨天皇の12男。左大臣。河原左大臣とも。紫式部『源氏物語』の主人公で美男子の光源氏の実在モデルとされる。奥州塩釜の風景を模して作庭した六条河原院(現在の渉成園)を造営したという。

自分の心を疑った女性に贈った歌らしい。ちょっと(いや、かなーり)キザでないかい。ま、光源氏のモデルなんだから、キザなのは当たり前か(?)。でも、こんなこと言われてもときめいたりせず「嘘くさーい」とか思っちゃうわたしは、もう恋はできないのかも・・・・・・。

本歌取りのキーワード:誰ゆえに
つっかかるわたしにため息ついた君 誰のせいだと思っているの
つっかかる君もかわいいそれでつい 「はいはい、全部俺のせいです」


☆他の方の本歌取りも見てみたい方はこちら
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-22 20:56 | 本歌取り

083:キャベツ

幼子を連れて帰りし吾に妻は「どちらのキャベツ畑から?」と笑む


銀英伝ネタ。
キャベツと言えばミッターマイヤー氏(というかミッターマイヤー夫人)ですね。
これしか浮かばなかったんだよぅ!!
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-22 20:35 | 題詠2005

082:罠

知りつつも好奇心から手を伸ばし罠にかかったわたしは莫迦だ
[PR]

by mizuki_nim | 2005-08-21 20:51 | 題詠2005