<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『塔』1月号掲載歌

すいと傘傾げてくれし青年と恋に落ちたし秋雨の朝

こつこつと指で鎖骨をたたくとき胸の泉にさざなみの立つ

濃紺のスーツに仕舞いし翼よりひとひらこぼれ落ちたる羽毛

それらしくネクタイしめて近頃の天使は(どこへ)出勤をする

4番出口より青空をのぞみつつ天使の行方について思えり


(花山多佳子氏選)
[PR]

by mizuki_nim | 2008-01-26 17:12 |

今年もどうぞよろしくお願いいたします

すでに松もとれてしまった。今年もスローペースな更新となりそう。
c0053571_22313729.jpg

撮影:瑞紀 CANON EOS KISS III

表現をするとき、人の目が気になる。
どう思われているんだろうとかね。
気になりだすともうぐずぐずのだめだめでね。

・・・・・・なあんて書くと新年早々の記事にふさわしくない感じだね。

けれど、最近、ぐずぐずのだめだめなときにぴったりの言葉と遭遇した。


いくつになったらとかね。
そういう考え方が
人間を堕落させるんだよ。

人の目というが、それは人の目じゃないんだ。
人に見られている、と思っているときは
自分の心が人の目のかわりを
やっていることで、つまり、キミが
人の目と思っているのは
自分の”目”なんだよ。

他人が笑おうが笑うまいが、
自分の歌を歌えばいいんだよ。


(WORD BY 岡本太郎)
孫引きにつき出典は未確認。『太郎に訊け!』『強く生きる言葉』に所収・・・らしい。

自分の歌をうたおう。
[PR]

by mizuki_nim | 2008-01-09 22:42 | ご挨拶