<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『塔』4月号掲載歌

バスを待ちおれば空車のタクシーが速度緩めてわが前を過ぐ

エジプトのミイラのようだMRIに収納されてゆくとき

「息、吸って・止めて・吐いて」の一連で時折「吐いて」を省略さるる

「やっぱりねぇ」光にフィルム透かしつつ医師は二つの選択肢挙ぐ

いつの日か後悔する日があるのかな がんばらないと決めたわたしを

今回は縦に切らせてもらうねと内診しつつ担当医が言う

全摘の手術をすると電話すれば母がなぜだかあやまりくるる

肉球に触れたかりしよ狛犬の前肢に額(ぬか)そっと押し当つ


(小林幸子氏選)
[PR]

by mizuki_nim | 2009-04-20 19:42 |

はがす

病休の昼餉にニュース流れいて「貸しはがし」とは血の出る言葉


(朝日歌壇3月23日 高野公彦氏選)
[PR]

by mizuki_nim | 2009-04-15 21:14 | 投稿短歌

近況など

c0053571_21472982.jpg


ご無沙汰です。いつのまにか桜も終わりですね。

『塔』に載せている短歌から察しがついているかもしれませんが、
去年の冬ぐらいから持病があまり楽観できない事態になっていました。
ここ何年も体調は低空飛行が当たり前になっていたので、本人としては
えー?そうなの?って感じでしたが。
そんなこんなで、年明け早々入院・手術という怒涛の展開になってしまいました。

『塔』の詠草はしばらくこのネタが続きますが、3月に職場復帰して、今は普通にフルタイムで働いていますのでご安心ください♪

これからはちょこちょこ更新したい・・・・・・と思っております。
[PR]

by mizuki_nim | 2009-04-13 22:07 | 徒然につづる