<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

塔5月号掲載歌

市役所が手すりをつけてくれたとう平屋に祖母がひとりで暮す

大叔父の死が地方紙の記事となり大往生にあらざるを読む

酔えばなお聞きとることの難しき山形弁がもう聞けぬのだ

弟を亡くしし祖母に電話口で元気かなどと言ってしまえり

一滴も涙が出ないと祖母が言うなんでだろうねと張りなき声で

警察から戻され次第密葬をすると聞きおり通夜はあらざり

終わりました。仕事帰りにケータイを開けば母よりメール一行

いつからかどこからか死はあわられてわれの周りをゆらゆら踊る


(三井修氏選)
[PR]

by mizuki_nim | 2010-06-06 21:01 |